1. HOME
  2. Archive
  3. 【アーカイブ】屋久島と佐渡スギの世界へようこそ 日本列島固有の、古代樹の生き方

【アーカイブ】屋久島と佐渡スギの世界へようこそ 日本列島固有の、古代樹の生き方

講師:崎尾 均さん(さきお・ひとし)
ボタニカル・アカデミー/新潟大学名誉教授

大阪市出身。2008年から新潟大学演習林教授として佐渡ヶ島に移住。2021年Botanical Academyを設立し、代表となる。新潟大学名誉教授。水辺林の生態や樹木の生活史、外来種ニセアカシア、富士山の森林限界、積雪地帯のスギの更新を研究。屋久島では渓流植物のサツキを調査。

屋久島といえば巨大なスギ、みなさんそんなイメージをお持ちかと思います。そのスギはそもそもどんな生き方をして、なぜ屋久島で巨大になったのか? 今回は水辺の植物を研究している崎尾均先生に、屋久島のスギと佐渡ヶ島のスギの対比を通して、スギという植物についてお話しいただきました。こちらのお話を聞いてから屋久島に行くと、スギを見る目が変わること請け合いです。

  • 動画版
  • テキスト版(準備中)

※動画のどこでどんな話をしているか簡単な概要をまとめています。詳細な内容はぜひ全編をご覧ください。

話の前の前段を司会者と講師でワイワイと:04:54

  1. スギとは
  2. 気象(大雨、台風vs 大雪)と地質(花崗岩 vs グリーンタフ)
  3. スギの生活史
  4. 歴史的なスギ林の取り扱い
  5. スギの利用と未来

話の前段を司会者と参加者でワイワイと:05:05

  • 実は崎尾は今屋久島です。今日は荒川の沢で3時間水に浸かってました
  • 水辺の植物を調査してました

屋久島と佐渡ヶ島スギの世界へようこそ:09:19

  • 水辺の植物を研究しています
  • サツキを調べて冷たい川に3時間!
  • 崎尾先生自己紹介
  • 崎尾先生、小原比呂志さんと屋久島と出会う
  • NHK「大捜索ドキュメント! 屋久島“伝説の超巨大杉”」プロジェクト参加
  • 川沿いのサツキを見て調査するように

スギの仲間の話:17:00

  • 世界にあるいろいろなスギ
  • スイショウ、メタセコイア、ヌマスギ、タイワンスギ、タスマニアスギ。
  • スギの仲間の分布を世界地図で

ヒノキ科樹木の系統関係:17:49

  • スギは現在ではヒノキ科になった!

スギとは:18:27

  • スギってどんな植物?
  • 何に使われている?
  • 太平洋側のスギ、日本海側のスギ

屋久島のスギはちょっと異色?!:20:17

  • 屋久島のスギだけ他のスギとは違う遺伝子を持っている
  • 太平洋側のスギと日本海側のスギの更新の違い
  • 更新の違い/栄養繁殖と実生更新

屋久島と佐渡ヶ島のスギは似てる? 似てない?:22:04

  • 屋久島と佐渡ヶ島の位置、気象、地質
  • 花崗岩とスギ
  • 佐渡ヶ島は緑色凝灰岩
  • カエルは海を渡って佐渡ヶ島へ?
  • 本州とつながったことがある? ない?

実生更新と栄養繁殖:26:34

  • スギの生活史
  • 佐渡ヶ島のスギの異形な高齢スギはなぜできた
  • 積雪との関係
  • まるでマンモスの牙
  • 倒木の上でもたくましく生きる
  • 切り株の上でだって成長する

チャットからの質問:31:51

  • 宮城北部のスギについて

風が創ったスギの芸術:32:46

  • 風によりありえない形で成長したスギ

佐渡では天然杉は御林だった:33:15

  • 木を1本切ったら打首
  • だから今もスギが残っている?
  • 直径2m以上の巨大スギ
  • 洞爺湖サミットに飾られたパネルにより保護の機運が生まれる

屋久島のスギ:34:44

  • 屋久杉は樹齢1000年以上、小杉は樹齢1000年以下
  • 屋久島のスギは実生更新
  • とは言え倒木更新もあり

屋久杉をどうやって伐採したか:35:55

  • 現場で平木にして担いで降りる、力任せ
  • 江戸時代の切り株・ウィルソン株
  • 江戸時代に屋久島のスギはかなり伐採された
  • 伐採された木の上での更新
  • 1970年、伐採の事業所閉鎖と土埋木
  • 最大の屋久杉・縄文杉
  • 湿地の中の更新
  • 紀元杉は広葉樹をまとっている

人工林のスギと屋久杉の比較:38:44

  • 年輪幅を比べてみよう
  • 水分や油脂分の比較
  • 油脂分は抗菌性のあるアロマオイルだ

屋久島と佐渡ヶ島のスギの比較:41:39

  • サイズはどちらが大きいか
  • 地質や気象が2つの島のスギの形や生き方を決めた
  • 伏条更新はクローン? 死なないスギになる?

屋久島と佐渡ヶ島のスギの比較:47:23

  • サイズ、最高樹齢、更新形態、成長、材質、地質、気象を表で比較
  • サイズは圧倒的に屋久杉に軍配

伝説の超巨大杉調査:48:02

  • 縄文杉を超える巨大スギは存在するか?
    ※以下、巨大スギが写真で紹介されます。

チャットからの質問:51:28

  • 屋久杉はなぜ巨大になるんでしょうか?

縄文杉を超えた?!七尋杉:51:56

  • 七尋杉のどこを測って幹周りとするか?問題

スギの利用と未来:56:52

  • 温暖化とスギを含む木質資源の利用
  • 資源を非常に長く固定する、二酸化炭素も固定する

今日の話をより深く理解するための崎尾先生の著書/論文/連絡先:58:27

樹に咲く花(山と溪谷社)3巻 分担
ニセアカシアの生態学(文一総合出版) 編著
水辺の樹木誌(東京大学出版会) 単著
Long-Term Ecosystem Changes in Riparian Forests(Springer)編著
https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-15-3009-8
屋久島のスギ、佐渡ヶ島のスギ 異なる環境下でスギはいかに生きるか?(日本の科学者)
<科学余話>
https://jsa.gr.jp/04pub/0401jjs/2021contents.html#m2021-06

連絡先
Botanical Academy
URL https://riparian-forest.jimdofree.com

今回は司会・小原比呂志との掛け合いのようなやり取りも面白かったですね。
崎尾先生ありがとうございました。

順次公開予定です。しばらくお待ちください。

関連記事